はげを治す方法

はげを治すにはしっかり寝ることも大事です。しっかり寝ないとはげが進行してしまう理由と合わせてお伝えします。

はげを治す方法 > はげと睡眠の関係

はげを治すにはしっかり寝ることも大事です。しっかり寝ないとはげが進行してしまう理由と合わせてお伝えします。

しっかり寝ないとはげるの?

はげを改善するには生活習慣を見直しましょう!

みたいに書いてあることありますよね。

でも、あれって具体的にどうすればいいの?って思いませんか。

私もそういう記事を見るたびに、「でっ?」っていう感じで見てました。

睡眠もよく取りましょうってあるけど、22時から2時は絶対に寝るようにとか言われてもそんな時間寝てたの小学生くらいですしね。。

そもそも睡眠が何故髪の毛のいいかというと大きなポイントとしては2つあります。


1つ目が髪の毛を作るため、夜寝ている間に細胞分裂を繰り返して髪を作ります。

特に22時-2時が活発なのでこの時間は寝ましょうと言われるんですね。


もう1つが血行を良くすることです。


育毛にとって血行は非常に重要です。

血行が悪いと、せっかく髪にいい栄養をとっていても毛根まで届かないからです。

夜リラックスすることにより血管が開き、血行がよくなるんです。

 

ゴールデンタイムで寝れない場合は?

よくある記事のゴールデンタイムは寝ましょう!というやつ。

あれ書いている本人はその時間寝れてるんでしょうか?

私は女性誌も結構読んだりするんですが、女性誌のほうがよくこの内容を書いていることが多い気がします。

女性は我々男性よりも気にしなきゃいけない点が多いですからね。

ほんと大変です。

話がそれちゃいましたが、ゴールデンタイムの件です。

正直私はこの時間寝れてません。

22時から2時って一番テレビが面白い時間だと思うんです。

テレビに時間をかけるなんて生産性が低いぞ!って言われるかもしれませんがテレビっ子なんです(^_^;)

あ、また話がそれましたね。


睡眠について結論をお伝えすると、

一番現実的で頭にもいい睡眠時間としては毎日6時間とることです。

ゴールデンタイムはあまり考えなくてもいいです。

体が休むためには最低3時間の睡眠が必要と言われています。

ただし、毎日これをやるとおそらく健康に影響がでてしまうでしょう。

なので6時間です。

3とか6という数字になっているのは睡眠が90分周期になっているからです。

この周期で睡眠が流れているのでそのタイミングでおきることができれば目覚めがすっきりできるのです。

睡眠時間としては以下の時間を目安にとりましょう。

①3時間
仕事が忙しくて寝てる時間なんてない!!

②4時間半
忙しいけどこの3時間睡眠はきつい(;・∀・)

③6時間
基本はこの時間で!

④7時間半
たまにはゆっくり寝よう☆



9時間以上寝てしまうと、体調を崩してしまう可能性がでてくるので上記の時間を目安に睡眠をとっていきましょう。

枕はこういうのがいい

枕もできれば首の形にあった枕がいいです。

テンピュールのまくらや西川のオーダーメイドまくらなどなど。

しかし、このサイトはそんな理想は語りませんw

現実的でかつ効果のあるものを紹介するので枕についても誰もがすぐに取り入れられるものを紹介します。

まくらの役割としては、体をリラックスさせるためです。

髪にとっては血行を良くするためですね。

なので枕選びでは血行をよくできるようなものを選んでいきましょう。

手軽に手に入れられるものとしては以下の2つです。


・竹枕

・塩まくら


竹枕は通気性がいいので、熱を逃がしてくれます。

さらには汗もかきにくくなるので、頭皮が清潔に保たれやすく、毛穴に汚れがつまりにくくなります。


塩まくらは塩自体に血行を良くする効果があります。

自作もできますが、ネットで1000円くらいで買えるものもあるのでそっちのほうが確実です。


枕の位置ですが、脊柱を横から見た時にS字状のカーブになっているのが理想的ですが

既成品ではなかなかそこを追求するのは難しいと思うのでまずは普段使ってる枕で問題ないのであれば

その高さに近い竹枕や塩まくらを選ぶのがいいでしょう。